現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律


のばなピアノ教室

you gotta quintet オリジナルバック
2名様
提供:のばなピアノ教室

のばなピアノ教室 平田

「何かになりたいなと思ってくれる子ども達が増えると良い」
「ピアノも大事だけど、色んな経験をしてほしい」

「お花を見たら綺麗だなと思って欲しい」
「そういう心も育ってほしい」

【プレゼント内容】

賞 品you gotta quintet オリジナルバック
提供:のばなピアノ教室
当選数2名様
応募期間平成25年4月29日(月)まで
応募方法・キャンペーン商品を買い物カゴに入れ、購入手続きに従って下さい。
キャンペーン商品単独で、購入手続きを完了して下さい。
(他の商品と同時に注文すると、エラーになる可能性があります。)

※当サイトから賞品は発送致しません。
※当サイトのプレゼント企画の特徴は、コミュニケーション。LiTa Oyabe ELABOにて手渡しさせていただきます。
※ただし、商品の内容に関しては、直接店舗にお伺いしていただく場合がございます。

【当選商品受渡店】
LiTa Oyabe ELABO (ヤマシナ印刷2F)
〒932-0821 富山県小矢部市鷲島37-2 クロスランドおやべ前
TEL 0766-67-0627
FAX 0766-68-1789
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

【店舗情報】
のばなピアノ教室
小矢部市野端250-22

のばなピアノ教室の紹介ページ
Oyabe Local Mail

  • NEW
  • オススメ
  • 限定品
商品コード: cp62

you gotta quintet オリジナルバック 2名様 提供:のばなピアノ教室

販売価格(税込) 0 円
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:

のばなピアノ教室

詳しくは、お問い合わせ下さい。

優しさ、勇気、夢見る力

「二十歳の時からピアノ教室を始めて、もう35年目」
「これだけは絶対にやめたくないし、やめないと思います」
今回ご紹介するのは、のばなピアノ教室の先生・平田紀和子さん。

自分の精一杯の演奏で誰かが感動してもらえる。
聴いた人が幸せな気分になってほしい。

「ピアノを通じて、人間性も一緒に育ってくれればいいなと思います」

教室は週に一度の割合でレッスン。
レベルにもよるが、30分~1時間ほど一対一で生徒と向き合う。
若い頃は、楽譜通りに弾けているか、どうかの確認だった。
年を重ねていくうちに子どもの可能性が分かってきた。

自分の中で、習い始めは技術的にあんまり出来ないなとランク付けしていた。
そんな自分のレベルの低さに気づいた。

「発表会で普段より難しい曲を与えて、仕上がるかなと心配になるが、生徒の可能性を信じているとちゃんと仕上げてくる」
「子ども達はすごいなと思います」

ピアノ教室のチラシには「いっしょにワクワクしちゃいましょ」「優しさ、勇気、夢見る力を音楽を通して伝えたい」と書かれている。

「イメージする事がすごく大事で、子どもに未来に対して夢を持って欲しい」
平田さんの夢は、みんな幸せになること。

みんな繋がっているから教室に世界地図を貼っている。

「世界のニュースが、どこで起こっているのだろうと生徒と探したりします」
「みんなが幸せだなと感じてくれる人が、いっぱいいれば、私の幸せにも繋がります」

三百年前に描かれた絵を美術館に見に行くことがあった。
そんな絵を目の前にできるという出会いもそうだし、ヨーロッパは三百年前にこんな絵を描いているという発見。
そして、バッハが作曲した曲を私たちが弾いている、触れられていることに新たに感動。

「人生は感動です」
「いい物は残る」
「人を感動させるものは残っていくんだなと思う」

チャレンジする気持ち。
まずやってみること、過程が大事。
そんなことも子ども達に伝える。

平田さんは、5年前に体調を崩した。
忙しすぎてあまり食べていなかったことが原因のひとつ。
なにも考えられない、見たくない、聴きたくないという時もあった。

「ピアノを弾くことって楽譜を目で見て、脳で感知して、弾くという動作を瞬時にしていたんだなと、出来なくなって初めていろんなことに気づきました」
 
長寿会でのお手伝いでは、いくつになってもやりたいことをやっている方に出逢え、まだまだ夢が膨らむ。

「何かになりたいなと思ってくれる子ども達が増えると良い」
「ピアノも大事だけど、色んな経験をしてほしい」
「お花を見たら綺麗だなと思って欲しい」
「そういう心も育ってほしい」

平田さんの息子さんが6歳の時に急に歩けなくなった。
原因は今も分からないまま。

車いすバスケットを始めてパラリンピック目前まで行った。
今も現役で活躍している。

平田さんにとって、息子さんがパラリンピックに出場することも大きな夢だ。
歩けなくなった時にアレも出来ないコレも出来ないという思いに、とらわれてしまった。
これから未来があるのにそれを否定している…。

「もう泣かない、悲しむのは終り」
「出来ることにチャレンジすることで前向きになれました」
そして今がある。

▼平田紀和子
昭和33年11月22日生まれ
小学校の卒業文集にはもうピアノの先生になりたいと書いていた。両親も姉も歌うこと、音楽が好き。

【店舗紹介】
のばなピアノ教室
小矢部市野端250-22
you gotta quintet オリジナルバック 2名様 提供:のばなピアノ教室

この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL

このページのTOPへ
Copyright(C)2009 Oyabe Local Shop All rights reserved.